エロ漫画『手塩にかけた娘』を見た感想!あらすじ紹介エロ漫画『手塩にかけた娘』を見た感想!あらすじ紹介

TOP PAGETOP PAGE > >> 小桜クマネコ。ぽっちゃり女子のイラ
小桜クマネコ。ぽっちゃり女子のイラ

小桜クマネコ。ぽっちゃり女子のイラ

小桜クマネコ。ぽっちゃり女子のイラストを描いている。

小食をと偽っているオフィスレディのイラストをこよなく愛している。チンジャオとの同人ガリガリ娘のヒロインは最初ガリガリだったが、大食いになり、最終的にぼっちゃりを通り越したデブになった。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらではむっちり系JKだった。
行き遅れBBAの企画と原案をしているチンジャオ娘はDMM同人サークルランキング1位である。コラボしている人気イラストレーターは達磨さん転んだ。

チンジャオ娘の同人がなぜ人気かというと清楚系な女の子がエロい事件に巻き込まれ性交の気もち良さに気づき、エロい女になっていくストーリー性に評判があります。「美人面犬の飼い方」みたいなエロくてグロい、ホラー要素が入った作品も配信されます。同人とは明治時代、等しい志や趣味を持っていた人達同士が集い、同人雑誌というものを作っていた。

同人誌イコールエッチなものやことではない。

同人イコールエロいという方程式になってしまうかというと同人の世界ではエロが一番人気のあるジャンルだからです。月に1冊の作品を出して500部前後販売出来たら月20万以上稼げるレベルのようです。
チンジャオ娘とエンガワ卓のエロ同人サキュバス喚んだら母が来た!?発売は来年予定!3か月間オナニーを禁止したらとある呪文を唱えればサキュバスが現れる。

そのことを知った男子学徒のタカシは頑張ってオナニーを我慢。



召喚したサキュバスは自分の母だった。

サキュバスよんだら母が来たのキャラを紹介。



森田タカシ。



男子高校生でまだセックスしたことがない。母親に魅力を感じない。

森田惠利、タカシの母。女子力もない母親。
エリリン、森田タカシが呼んだサキュバス。

サキュバスの正体は母親。
2020年三月に小桜クマネコのエロ漫画『手塩にかけた娘が』Bookliveコミックで購入可能。



手塩とは少しの塩という意味。
汚いものをはらうためにあったものだが、料理の塩加減を調整するためにも用いられた。そこから派生して自分で育てることを手塩にかけるというようになった。

サキュバス呼んだらを読みたいならbookliveコミック(旧ハンディコミック)がお得。

先行で読めるから。


ブッコミでは初月の利用料が無料。サキュバスとはエッチを通じて男性をいざなうために女性の姿をした形で夢に出現する超自然的存在である。男性型はインキュバスと言われている。
エンガワ卓はサキュバス喚んだら母が来たの絵をかきます。

エンガワ卓の得意なのはおっぱいが大きいむちむちした女。


サキュバスよんだらに出てくる母親も巨乳。チンジャオと供に作った作品は姉はヤンママ授乳中in実家などがある。

関連記事




Copyright (C) 2014 エロ漫画『手塩にかけた娘』を見た感想!あらすじ紹介 All Rights Reserved.